ブログ

2015.04.14

ガタガタ

  やはり、特に産後はきっちり休まねばならなかった・・・ということを痛いほど思い知ることに。高齢出産であったことに加え、入院中も授乳と記録(←これは職業病かも)とお客様の来訪の相手(短時間でもきつかったのだが、1時間以上の滞在・・・特に退院前日という最も忙しいときの来訪には参った)で、ほとんど休めなかった。退院後は里帰りをしていたわけだが、出産直前に脱稿した2本の論文の後始末でほとんど椅子に座ってノートPC画面を凝視していた。これがよくなかった。本当は授乳しているか寝ているか自分が食べているかの生活をしなければならなかったのに、昼夜関係なく起き上がっている時間の方が長くしかも頭と目を使った作業をしていた。おまけに、両手首、親指付け根の腱鞘炎。服の脱ぎ着ですら「ぎゃー」と声を出しそうになるくらいだった。器を持ち上げることもままならなかった・・・。

 腱鞘炎こそほぼ治った(痛いけれど、動かせるようになった)が、産後3ヶ月、6ヶ月と過ぎるほどになんか体全体の調子がどんどん悪くなる感じなのである。常にだるい。常に眠い。そしてすぐ腰痛。この間は、ぎっくり腰みたいになった。腰をある角度まで曲げるとそのままへなへなと体が崩れてしまうのである。これってぎっくり腰なのだろうか?一応直立で歩けるのだが。いや、ぎっくり腰は寝たきりになると聞いている。ということは、腰痛か。よくわからない。いずれにしても、不意の動きができなくなっている。そして明日から講義が始まる。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

まあ!おめでとうございます!ぜひ赤ちゃんにお会いしたいです!!

  • 2016.07.02 09:07
  • 石川

コメントフォーム

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

ブログ内検索

フィード

検索

ページの先頭へ