ブログ(再開?)

2016.02.16

3本の指に入る大失敗

 先週末の研究会での発表はもう思い出したくないくらいの失敗。

「時間が押している」にどんだけ弱いのかと思う・・・。時間が気になって頭の中が大パニック。グダグダの発表。

そもそも、内容自体が一点突破でないわけで、ならばそれなりに「これだけは言っておきたい」ということに焦点化して話せばよかったと思う。

どういう論点で書けるか、エピソードとしてはおもしろいのだが、どうすれば論文として書けるのか・・・。グダグダな発表だったが、先生方にいろいろヒントをいただいて、「この観点なら書ける・・・かも」という希望が。

失敗を正当化するつもりはないが、発表して恥をかいてよかったと思う。今回無理にでも発表していなければ多分お蔵入りのフィールドでのエピソード。単体で書けないと思っていたものだが、ある部分を掘り下げれば十分いける・・・とおっしゃってくださった先生も。

全く畑違いの方々の中で無謀にも発表するというのは、必要なことだと思う。最後まで拙い話に耳を傾けてくださった先生方どうもありがとうございました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ページの先頭へ