わたしの横顔 | 不良人類学徒のページ〜最終章〜(旧 Yutaka's 企画会議室)

わたしの横顔

氏名:吉田優貴(よしだ ゆたか)

旧姓:古川

※2012年5月に婚姻届を出して以降、仕事でも「吉田」にしました。なぜなら、この業界で姓が変わるとどう不便になるか経験的に知りたかったからです。いつか、どういうときに不便だったか、「家族」概念との抱き合わせで何か書ければなあと思っています。

最近の研究テーマ:ケニアの聾の子供を事例とした「身体群の共振」をめぐる人類学的研究

誰との調査をしてきたか:

 ケニア、リフトバレ―州の寄宿制初等聾学校で聾の子供たちと。聾学校の教員たちや聾の子供の帰省先の村の人たちと。

最終学歴・取得学位:2012.6. 一橋大学大学院社会学研究科 博士後期課程修了・博士(社会学)

主な職歴:

2004年4月 日本学術振興会特別研究員DC2(〜2006年3月)

2012年10月 一橋大学大学院社会学研究科 非常勤講師(〜2013年3月)

2013年4月 明治学院大学社会学部付属研究所 研究調査員(非常勤)(〜2016年3月)

2013年4月 東京女子大学現代教養学部 非常勤講師(現在に至る)

2014年9月第3週〜2014年11月最終週まで、産前産後のため研究調査員(明治学院大学)を欠勤(東京女子大学の担当授業は前期のみだった)。この年抱えていた2本の論文を出産前日に脱稿。4泊5日で退院後、子育てしながらその2本の校正作業に取り組む。なので、妊娠・出産・子育て中に研究作業から離れていたのは、出産のために入院していた5日間だけ。39歳で妊娠・出産。その間いろいろありましたが、たいていのことは乗り越えてきたので、雇ってくださるとオトクです。知恵と体力と根性でさまざまな困難を乗り切れます。ただ、私のような産前産後の乗り越えかたは、ほかの女性にはまったくおすすめできません。というか、こういう無茶はやらない方がよいです。私も無茶をしないで済むのであれば、こんなことはしませんでした。結果論です。

2016年4 月 明治学院大学社会学部 非常勤講師(現在に至る)

2017年11月 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 研究機関研究員
2020年11月から 所属がなくなる予定
ページの先頭へ