ブログ

ブログ一覧

2017.10.05

衝撃を受けました!!!(学生の授業コメント風・・・しかし本当に)

 声を大にして言いたい。夫婦二人で複数勤務先(教育機関)にて非常勤をしているのだが、子供を保育園に預けるにあたって勤務時間が足りないという。

(1)まず、勤務先の人事課は、担当授業の時間のみ勤務しているという証明しか出せない。1コマ90分で週4コマだとしたら、360分=6時間/週、24時間/月しか働いていません、という証明である。しかし、就業規則や雇用契約書には「授業時間外に・・・・・・・・・・・・・などを行う」と多数の業務が明記されている。授業時間外に仕事があると明言しながら「お前は学内での授業時間内しか働いていません」と公的に言い放つ仕組みになっている。

(2)保育園に子供を預けている保護者の勤務状況は、①子供の在園資格だけでなく、②保育園への自治体からの補助金の額・受け入れる園児の人数など(←電話口で聞いたので漏れや誤解があるかもしれないが、要は保育園の運営に影響があるということだ)、③保護者に対する自治体からの月謝補助金の額に関わるとのこと。

(3)しかし、(1)のため、我が家は「保育園在園資格に夫婦合わせて届いていない」と役所から保育園に連絡があった。その際、園長先生は私たちの仕事に理解のある方なので、「大学の授業時間以外に、仕事がある」と役所の人に伝えてくださった。すると「それは大学内でのことか?」という役所側から質問があり、それに対して「大学の図書館や自宅などで仕事をしていると聞いている」と園長先生は伝えてくださった((2)と(3)は保育園の園長先生から電話で聞いたこと)。

問題は次の衝撃の一言。

役所担当者「では、図書館でどれだけ仕事をしていたか、大学図書館から証明書を発行してもらえないのですか?」

これには園長先生も呆れてフォローしようとしてくださったそうだ。「えええ?・・それは無理なんじゃないですか?」と。なんか、それを私に伝えてくださった園長先生が申し訳なさそうな口ぶりだった・・・。それと、「夏休み」は、私たちは「完全に休んでいる」と思われているようで、「大学が夏休みのときは教員は仕事ないですよね」的なことを言われたらしい。

私は、つい先日も、某ファミレスで8時間、9時間ぶっ通しで仕事をしていた。授業後に図書館で6時間以上作業をすることもザラである。ということは私が仕事(授業準備と後始末+研究)する某イタリアン格安レストランや、某中華ファミレス、某喫茶店、そして各大学図書館から証明してもらわないといけないということか

なお、3歳になる幼児をそばにおいてできる仕事などない。家事ですら、スムーズにこなすことはできないのだ。

最近、ネット上の記事で見た(出典不明確で申し訳ない)。いわゆる「自由業」(執筆業らしい)をやっていて、取材で町を歩いたり、担当者(出版社と思われる)との打ち合わせで喫茶店を使ったりしたところ、その人の子供と同じ保育園に通わせている別の親がその姿を目撃したとかで、「あの人普段遊んでいるのに子供を保育園に預けていますが、どういうことか?退園させるべきでは?」などと役所だか保育園だかにクレームがいったそうだ。

なんという世の中なのか。ちなみにだが、1960年代、公団団地がボコボコ誕生したときに、とある団地に住むお母さんたちが「保育園設置のための運動」を展開した。そのことについて(当事者自身の手で)書かれた文献によると(いま学生に貸し出してしまい手元にないので記憶で書くが)、当時は、もちろん働いている母親のニーズもあったが、子供を早いうちから集団生活させたいという気持ちがあってそういう運動をした・・・というようなことが書かれていた。もし、このご時世で「集団生活をさせたいので、(共働きではないが)保育園に入園させたいです」などとボソッとでもつぶやいたら、大炎上することだろう。

な〜にが「一億総活躍社会」だ。例の汚い罵り言葉が私の口からも出そうになる。

保育園を増やすとか、なんだかんだ口先で言われているが、問題はもっと根深いところにある

まとめようと思っていないのでまとまりのない文章だが、私は今回の一件でこのように言われたに等しいと受け取っている。「仕事とは、第三者の監視の下、特定の時間帯を、特定の場所で缶詰状態でおこない、対価としてカネが支払われるものである。それ以外は、仕事とは言えない。従って、この条件にぴったり合致する仕事を持っていない人の子供に、保育園の在園資格はない」。

※保育園入園資格には、一定時間以上の「共働き」のほかに、いくつかあります。この記事ではそれらはひとまず横においておいて、あくまで私の立場で書きました。

2017.04.03

始まり

始まった。最後まで走りきりたい。

2017.01.07

2017年の抱負

  今年こそ。

2016.07.24

「現代世界の性・結婚・親族」@東女

 

  •  2016年09月03日(土)10:00~15:00
  •  会場:東京女子大学 24号館24202教室

  [→交通アクセス] [→キャンパスマップ]
対象:一般(社会人・卒業生・教職員)・学生
受講料:A~D 1コマ 1,000円
(学生500円 ※武蔵野地域自由大学学生の方も含む[当日学生証を持参])
受講料は、当日会場にて現金でお支払いください。
定員:各回250名 (先着順)
申込期限:8月24日(水)
託児:託児あり(要予約)
ご希望の方は、事前に本ページ下部の問い合わせ先までご連絡ください。 
後援:杉並区教育委員会・武蔵野市教育委員会

2016.02.16

3本の指に入る大失敗

 先週末の研究会での発表はもう思い出したくないくらいの失敗。

「時間が押している」にどんだけ弱いのかと思う・・・。時間が気になって頭の中が大パニック。グダグダの発表。

そもそも、内容自体が一点突破でないわけで、ならばそれなりに「これだけは言っておきたい」ということに焦点化して話せばよかったと思う。

どういう論点で書けるか、エピソードとしてはおもしろいのだが、どうすれば論文として書けるのか・・・。グダグダな発表だったが、先生方にいろいろヒントをいただいて、「この観点なら書ける・・・かも」という希望が。

失敗を正当化するつもりはないが、発表して恥をかいてよかったと思う。今回無理にでも発表していなければ多分お蔵入りのフィールドでのエピソード。単体で書けないと思っていたものだが、ある部分を掘り下げれば十分いける・・・とおっしゃってくださった先生も。

全く畑違いの方々の中で無謀にも発表するというのは、必要なことだと思う。最後まで拙い話に耳を傾けてくださった先生方どうもありがとうございました。

2016.02.07

列島縦断月間

  無事、昨年書いた2本の論文が発行された。まあ一本は別媒体に掲載するはずが全然発行されないのでそちらを取り下げたものだが、それでも手直しを加えた。

 「本業」の方がそれで、もう一つは3月で任期切れとなるポストでの仕事として。後者がなぜか反響をよび、今日は北の方で開催される研究会でコメンテータ。実はコメンテータデビューである。自分の発表よりも緊張しますね。

 それで来週は某西の方で2日間のシンポジウムでの発表。知っている人より知らない人たちばかりの中での発表。しかも参加者の中では「若手」に入ってしまうだろう。旅費を出してもらうには発表しなければならないという条件だったので手を挙げたもの。この準備がまだ4割くらいしか終わっていない。

 そして間にシラバス提出4つと某学会発表要旨提出と現ポストの引き継ぎ準備を挟んで、月末に南の方で開催される某シンポジウムでの発表。こちらの準備は現段階で0パーセント。やばい。

 今月はモーレツに忙しい。

2015.04.14

ガタガタ

  やはり、特に産後はきっちり休まねばならなかった・・・ということを痛いほど思い知ることに。高齢出産であったことに加え、入院中も授乳と記録(←これは職業病かも)とお客様の来訪の相手(短時間でもきつかったのだが、1時間以上の滞在・・・特に退院前日という最も忙しいときの来訪には参った)で、ほとんど休めなかった。退院後は里帰りをしていたわけだが、出産直前に脱稿した2本の論文の後始末でほとんど椅子に座ってノートPC画面を凝視していた。これがよくなかった。本当は授乳しているか寝ているか自分が食べているかの生活をしなければならなかったのに、昼夜関係なく起き上がっている時間の方が長くしかも頭と目を使った作業をしていた。おまけに、両手首、親指付け根の腱鞘炎。服の脱ぎ着ですら「ぎゃー」と声を出しそうになるくらいだった。器を持ち上げることもままならなかった・・・。

 腱鞘炎こそほぼ治った(痛いけれど、動かせるようになった)が、産後3ヶ月、6ヶ月と過ぎるほどになんか体全体の調子がどんどん悪くなる感じなのである。常にだるい。常に眠い。そしてすぐ腰痛。この間は、ぎっくり腰みたいになった。腰をある角度まで曲げるとそのままへなへなと体が崩れてしまうのである。これってぎっくり腰なのだろうか?一応直立で歩けるのだが。いや、ぎっくり腰は寝たきりになると聞いている。ということは、腰痛か。よくわからない。いずれにしても、不意の動きができなくなっている。そして明日から講義が始まる。

2015.02.23

キャッチ&リリース

 とりあえず、2件手放す。そしてまた、一つキャッチ・・・。リリースしたら新しい仕事がくる。忙しい。そんななか、土曜日にとあるイベント(http://www.m-artpark.com/event/20150106135531.html)に行く。HAND SIGNというパフォーマンスグループも出演したもの。無料であることが申し訳ないくらいおもしろかった。これまでまったくマークしていなかった。子供がもう少し大きくなったら、この手のイベントに一緒に行きたいなと思う。パフォーマンスもおもしろかったけれど、観客を観察するのもおもしろかった。

2015.02.18

年度末における平常運転的忙しさ+

 もう2月も終わりにさしかかっている。子供中心の生活でアワアワしながら、飛び込みでの仕事が2件。飛び込みの仕事は、キャッチ・アンド・リリースでひとまず終える。子供に「仕事で忙しい」ことがバレないように、澄まし顔で授乳したりオムツ替えたりあやしたり。なんでも、親が親の都合で忙しいときに限って子供は体調を崩すなど、親に全力でかまってもらうための努力を惜しまないらしい。「とってもヒマ。いっしょにあそぼ☆」という雰囲気を出しながら、一つ一つ仕事を片づけていく日々。忙しいのだが、何か楽しい。楽しんでいられるのも、現職でけっこう有給がついているせいかもしれない。ありがたや〜〜。それと、ストレスの源から今解放されているからというのもある。あと4件、仕事を終わらせねば。うち2件は崖っぷち。がんばろう。

2015.01.04

新年があけてしまった

  今年もよろしくお願い致します。

 ・・・「あけてしまった」というのが正直なところ。ここ数年、毎年のように変化(博論提出、非常勤だがいちおう就職、結婚、出産)が訪れ、落ち着くヒマがない。今年こそはいい形で落ち着きたいです。

 昨年は家族が増え、子供を中心に生活がまわるようになりました。といっても、いろんなところでアピールしているのだが、出産直前まで2本の論文を抱え、出産後(退院後)すぐにその後始末に追われ、その間に蓄積した疲労と戦いながら週2の仕事にも復帰(法定の産後8週間の欠勤を経てすぐに復帰)しています。都心への片道1時間半の往復は産前も産後もキツいです。ヒマさえあれば眠りたい(しかし、電車の中ではなぜか眠れない)。おまけに両手首、親指の腱鞘炎。親指がいかに日常生活で複雑・細やかな動きをしているかを実感しています。ちょっとした動きで「ヒィィイイイ・・・」となるような激痛。幸い、PCのキーボードは何とか打てるのですが。

 そんなこんなですが、今年も何とかがんばりたいです。改めて「追いつめられれば論文が書ける」ことを実感しましたので、今年も追いつめられながら(?)地道に活動していきたいと思います。

 関係ないですが、初夢にはどういうわけかゴールデンボンバーと金魚が出てきました。何を暗示しているのでしょうか・・・。

カレンダー

«6月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

検索

ページの先頭へ